beyond

TOP > SEMINAR LIST > 外国籍社員の強みを活かすオンボーディング手法
〜外国人を組織活性化の救世主にできるか、職場のお荷物にしてしまうかの分かれ道とは〜
お申し込みはこちらから

外国籍社員の強みを活かすオンボーディング手法
〜外国人を組織活性化の救世主にできるか、職場のお荷物にしてしまうかの分かれ道とは〜

日程:12/01  会場:WEB会議システム「Zoom」

2020年公表の国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しによると、日本など先進国への、途上国や新興国からの人材の国際移動は、2050年ごろまで増加し続けると予測されています。

 

また、日本政府は、国全体のイノベーション創出や生産性向上のために、特に「高度外国人材」の受け入れ体制を再強化すべく、様々な政策の見直しを図ることを、今年9月に表明しました。

 

多くの日本企業でも、コロナ禍の入国制限が緩和された今、優秀人材の確保や、組織の多様化・活性化、外国人ならではの強みを活かした事業展開などを狙いとし、外国籍社員の採用に、改めて力を入れているのではないでしょうか。

 

しかし、外国籍社員の受け入れ・活用においては、依然として、配属後における次のような問題の声を、様々な企業からお聞きすることが、少なくありません。

 

■文化や価値観、考え方の違いから、コミュニケーショントラブルが多く発生してしまう
■配属後、周りと馴染めず孤立してしまっており、資質や能力が十分に活かされていない
■採用時はモチベーション高く見られたが、徐々に活力が無くなってしまう様子が見られる
■せっかく採用しても、数年以内に離職してしまう社員が多く、定着しない

 

今回、このような状況に少しでも変化を起こしたいと考え、世界20ヵ国の日系企業拠点を支援している、異文化マネジメントのプロフェッショナルである河谷 隆司氏をお招きし、外国籍社員が活躍でき、職場の多様化・活性化を推進させていくには、どうすれば良いのか入社後のオンボーディングの観点から、皆様と探っていきたいと思っております。

 

セミナーでは、河谷氏とbeyond global グループの森田の対談により、外国籍社員のオンボーディングに際して、外国籍社員と、受け入れる日本人社員、それぞれが気をつけるポイントを明らかにしつつ、どうすればオンボーディングを成功させられるか、具体的なアプローチを解説いたします。

 

そして、日本人上司を対象とした、外国籍社員の強みを引き出すコミュニケーションを身につけるためのワークをデモンストレーションし、よりリアルな体験得ていただきたいと考えています。

 

最後に、外国籍社員への日本語教育の新たなトレンドについても、ご紹介いたします。

 

外国籍社員の活用に携わる皆様のご参加を、心よりお持ちしております。

 

<プログラム>

① セミナー概要のご案内とゲストのご紹介

② 対談セッション:ダイバーシティ・マネジメント研究所 河谷 隆司 氏 × beyond global グループ森田 英一

③日本人上司向けワークのデモンストレーション

④ 総括セッション

⑤ 質疑応答

 

<開催概要>
対 象:日本企業の経営者、人事責任者・担当者、グローバル事業部責任者・担当者など、グローバル人材マネジメントに関わる方

日 時:2022年12月1日(木)16:00~17:30(日本時間)

登壇者:河谷 隆司 氏(ダイバーシティ・マネジメント研究所 代表取締役)

    森田 英一(beyond globalグループ Precident & CEO)

方 法:WEB会議システム(Zoom)を利用したオンラインセミナー

※お申込いただいた方へセミナー当日の視聴アクセス用URLをお送りします。

参加費: 無料

 

お申込み:こちらのフォームよりお申込みください。

 

お問い合わせ:info@beyond-g.com
※ご同業の方のお申し込みはご遠慮ください。
※同社から複数名でご参加される場合、大変お手数をおかけいたしますが、1名様ずつお申込みフォームよりご登録ください。

主催:beyond global グループ

協賛:Japan Online School

 

<登壇者紹介>

河谷 隆司 氏
ダイバーシティ・マネジメント研究所 代表取締役
異文化マネジメント コンサルタント/ beyond globalトレーナー
書籍「Winning Together at Japanese Companies」著者

Fielding Graduate University PhD Human and Organizational Development(人材組織開発)中退後、産能大学国際部講師、日本在外企業協会・在外特別アドバイザー、マレーシア戦略国際問題研究所(ISIS)、日本研究センター客員研究員などを経て、現職。
クアラルンプール・日本から、20か国へ出講し、日本企業のアジア太平洋・欧米の世界拠点、外国企業の異文化マネジメントを支援している。
在日外資系、大学院MBAで日本型勤労観、異文化マネジメントを講義するほか、外資系日本支社CEOらへの個人コーチングにも従事。
World HRD Congress(世界人材開発会議 2011)より Strategic Leadership Award 受賞。
「Winning Together at Japanese Companies」、「異文化マネジメントガイド」や、大学教科書、研究書など著作13冊。
英語テレビ放送 “JAPAN SPIRIT” キャスター (Youtube視聴)

 

森田 英一
beyond global グループ
President &CEO

大学院卒業後、外資系経営コンサルティング会社アクセンチュアにて人・組織のコンサルティングに従事。
2000年にシェイク社創業、代表取締役を経て、現在は、beyond globalグループのPresident & CEOとして、グローバル人材育成事業、日本企業のグローバル化支援、組織開発、東南アジアの社会起業家とのソーシャルイノベーション事業等、各種プロジェクトを行っている。
全国6万人の人事キーパーソンが選ぶ「HRアワード2013」(主催:日本の人事部 後援:厚生労働省)の教育・研修部門で最優秀賞受賞。
著作に、『「どうせ変わらない」と多くの社員があきらめている会社を変える「組織開発」』(PHP新書)など7冊。NNAにて「新時代を創る日本型グローバルリーダーシップ」ビジネスコラムを連載中。

TOP