fbpx

beyond

TOP > SEMINAR LIST > 周回遅れのグローバル化、日本企業が戦略的に挽回するには?
〜真のグローバルリーダー育成と、駐在員制度の限界〜
お申し込みはこちらから

周回遅れのグローバル化、日本企業が戦略的に挽回するには?
〜真のグローバルリーダー育成と、駐在員制度の限界〜

日程:03/03  会場:WEB会議システム「Zoom」

講師:森田 英一

コロナ禍になって数年が経過し、仕事観や働き方の大変革が、世界のいたるところで起きています。

 

世界的に人材への投資が重要視される中、残念ながら、給与が低く、昇進が遅く、キャリアパスが明確でない日本企業は世界の人たちから、働く場所としての人気が低迷しています。

 

一方、海外志向の若者も減少傾向の中、日本人のグローバル力強化も思うように進んでいない日本企業が多く、当社も以下のような相談をいただく機会が増えました。

  •  国内の人事施策を優先し、グローバルの施策が後回しになり、結果として、グローバル競争力を高めることができるグローバル人材が育っていない。
  •  グローバル人材候補者・希望者が限られており、選抜、育成に苦戦している。
  •  駐在員の派遣数が減少し、以前のように、「現地赴任後に実際のビジネスを通じて成長させる」ことができなくなったため、日本人のグローバル力の育成機会が減っている
  • 今までの駐在員制度に限界を感じており、見直しをしたい
  • 優秀なローカル社員の確保が難しく、育成してもすぐに離職してしまい、ローカル化が思うように進まない

 

そこで本セミナーでは、多くの日本企業が直面しているグローバル人材育成にまつわる、さまざまな課題を根本的に紐解き、これからの日本企業が戦略的にグローバル企業として躍進するための手法をご紹介します。

 

これまでの日本企業の常識を疑い、抜本的に変革をしていくことなくしては、グローバル競争力を高めていくことは難しいでしょう。

 

本講演では、アジア、日本の両方から、グローバルリーダー育成を手掛けてきたbeyond global 代表 の森田英一が、事例を基に日本企業ならではのグローバルでの戦い方、戦略的なグローバルへの転換に必要な手法を解説します。ぜひ社内で同様の課題感をお持ちの方をお誘いの上、ご参加くださいませ。

 

 

<開催概要>
対 象:日本企業の経営者、人事責任者・担当者、グローバル事業部責任者・担当者など、グローバル人材マネジメントに関わる方

日 時:2022年3月3日(木)14:00~15:30(日本時間)

登壇者:森田 英一(beyond globalグループ Precident & CEO)

方 法:WEB会議システム(Zoom)を利用したオンラインセミナー

※お申込いただいた方へセミナー当日の視聴アクセス用URLをお送りします。

参加費: 無料

 

お申込み:こちらのフォームよりお申込みください。

 

お問い合わせ:info@beyond-g.com
※ご同業の方のお申し込みはご遠慮ください。
※同社から複数名でご参加される場合、大変お手数をおかけいたしますが、1名様ずつお申込みフォームよりご登録ください。

 

<登壇者紹介>


森田 英一
beyond global グループ
President &CEO

大学院卒業後、外資系経営コンサルティング会社アクセンチュアにて人・組織のコンサルティングに従事。2000年にシェイク社創業、代表取締役を経て、現在は、beyond globalグループのPresident & CEOとして、グローバル人材育成事業、日本企業のグローバル化支援、組織開発、東南アジアの社会起業家とのソーシャルイノベーション事業等、各種プロジェクトを行っている。全国6万人の人事キーパーソンが選ぶ「HRアワード2013」(主催:日本の人事部 後援:厚生労働省)の教育・研修部門で最優秀賞受賞。著作に、『「どうせ変わらない」と多くの社員があきらめている会社を変える「組織開発」』(PHP新書)など7冊。NNAにて「新時代を創る日本型グローバルリーダーシップ」ビジネスコラムを連載中。シンガポール在住。

TOP