fbpx

beyond

TOP > SEMINAR LIST > 【beyond global×楽天ピープル&カルチャー研究所 共催】
競争力向上か、ウェルビーイングか?トップダウンか、ボトムアップか?
ニューノーマル時代の組織と個人の在り方を問う
セミナーのお申し込みはこちらから

【beyond global×楽天ピープル&カルチャー研究所 共催】
競争力向上か、ウェルビーイングか?トップダウンか、ボトムアップか?
ニューノーマル時代の組織と個人の在り方を問う

日程:11/11  会場:WEB会議システム「Zoom」

この度、beyond globalグループは、楽天ピープル&カルチャー研究所と共催ウェビナーを実施いたします。

 

コロナ禍のいま、私たちは、会社や職場に関するあらゆる課題について、再考を余儀なくされています。

多様な個人の在り方と、ひとつの組織として求心力をもった人材戦略、コスト削減と品質向上、トップダウン or ボトムアップなど。

 

ともすると二律背反にも見えるパラメーターを見据えながら、
ニューノーマル時代に最適なバランスをどこに見出せるのか?が鍵となっています。

 

こうした状況を背景に、楽天ピープル&カルチャー研究所では、今年7月にグローバル調査及び外部有識者との議論をまとめ、新時代に合った「持続可能なチームづくり」コアコンセプトとして、コレクティブ・ウェルビーイング」に関するガイドラインを発表しました。

 

「コレクティブ・ウェルビーイング」とは、ある目的のもとに、
在りたい姿を持つ多様な個人がつながりあった持続可能なチームの状態を指します。

  • なぜニューノーマル時代の組織ウェルビーイングに着目すべきなのか?
  • 果たしてその新たなコンセプトがもたらす果実は?
  • 同時にグローバルビジネスにおいて競争力を高め勝ち続ける組織をるためには、短期目線・長期目線で何に気をつけるべきか?
  • 先進企業で実践されている、具体的な取り組みの事例とは?

 

これらの問いをベースに今回、私たちは、多彩なゲストをお招きし、

「これからの組織と個⼈の在り方」をテーマに、対話の場を提供したいと考えました。

 

そこで、パネルディスカッションの登壇者として、
ヤフーにて1on1など先駆的なコミュニケーション施策をリードされてきた本間氏、P&Gシンガポールでグローバルな研究開発組織をリードされている中村氏、楽天ピープル&カルチャー研究所で前述のガイドライン作成の統括を担った日髙氏を迎え、弊社代表 森田によるファシリテートの元、実例なども交えつつ、ニューノーマル対応型組織の在り方について、考えていきたいと思います。

※ 楽天ピープル&カルチャー研究所とは、2018年10月に楽天グループ内に設立された、組織と個人の関係性と企業文化に特化したグローバルな研究機関です。

 

<開催概要>

対 象:日本、シンガポールおよびタイなど東南アジア拠点の日本企業の経営者、人事責任者・担当者、事業部責任者など、組織マネジメントに関わる方

日 時:2020年11月11日(水)13:30〜16:00(日本時間)/ 12:30~15:00(シンガポール時間)

パネリスト:本間浩輔(Zホールディングス株式会社)、中村優子(Procter & Gamble)、日達生(楽天ピープル&カルチャー研究所)、森田英一(beyond globalグループ)

方 法:WEB会議システム(Zoom)を利用したオンラインセミナー

※お申込いただいた方へセミナー当日の視聴アクセス用URLをお送りします。

参加費: 無料

 

お申込み:こちらのフォームよりお申込みください。

本ウェビナーにお申し込みいただいた皆様に、「コレクティブ・ウェルビーイング」に関するガイドライン全編をプレゼントいたします!

 

お問い合わせ:info@beyond-g.com

 

※同社から複数名でご参加される場合、大変お手数をおかけいたしますが、1名様ずつお申込みフォームよりご登録ください。

 

共 催:beyond global グループ, 楽天ピープル&カルチャー研究所

 

 

<登壇者紹介>

本間 浩輔 氏          

本間 浩輔 氏

Zホールディングス株式会社
常務執行役員

 

早稲田大学卒業後、野村総合研究所に入社。コンサルタントを経て、後にヤフーに買収されることになるスポーツナビ(現ワイズ・スポーツ)の創業に参画。2002年に同社がヤフー傘下入りした後は、ヤフースポーツのプロデューサー等を担当。執行役員、上級執行役員、常務執行役員を経て、2019年より現職。神戸大学MBA、筑波大学大学院教育学専修(カウンセリング専攻)、同大学院体育学研究科(体育方法学)修了。著書に『ヤフーの1on1―部下を成長させるコミュニケーションの技法(ダイヤモンド)』『会社の中はジレンマだらけ 現場マネジャー「決断」のトレーニング』(光文社新書)、『残業の9割はいらない ヤフーが実践する幸せな働き方 (光文社新書) 』がある。

 

中村優子氏

中村 優子 氏

Procter & Gamble
Global Beauty Vice President, R&D

 

Procter & Gamble(P&G)の世界最大級の研究開発拠点であり、28ヵ国出身の人材が活躍するシンガポールイノベーションセンター(SgIC)の所長。ビューティ新規開発部門もリードする。大阪大学理学部卒業後P&Gジャパンに入社し、「ファブリース」「パンテーン」「SK-II」など幅広い人気製品の研究開発をリードしてきた。米国、中国、ベルギーの海外赴任を経て、2012年にシンガポールに異動。2019年より現職、同年シンガポール大統領よりP&G SgICの人材育成が高く評価され表彰された。

 

日髙 達生氏

日髙 達生 氏

楽天ピープル&カルチャー研究所 代表

 

企業文化に関するグローバル研究機関「楽天ピープル&カルチャー研究所」を設立、代表。
大阪生まれ。筑波大学卒業後、リンクアンドモチベーション入社。大手企業への人材育成や組織変革、グローバル化支援のコンサルティングに従事。執行役員、買収先グループ会社の取締役を歴任。2018年1月楽天入社。シンガポールのアジア統括会社のGMを兼務しながら、本社のコーポレートカルチャー専門部署のGMとして、Rakutenグループ全体かつグローバルでの組織開発と理念共有の統括を担う。

 

 

  

森田 英一

beyond global グループ
President &CEO

 

大学院卒業後、外資系経営コンサルティング会社アクセンチュアにて人・組織のコンサルティングに従事。2000年にシェイク社創業、代表取締役を経て、現在は、beyond globalグループのPresident & CEOとして、グローバル人材育成事業、日本企業のグローバル化支援、組織開発、東南アジアの社会起業家とのソーシャルイノベーション事業等、各種プロジェクトを行っている。全国6万人の人事キーパーソンが選ぶ「HRアワード2013」(主催:日本の人事部 後援:厚生労働省)の教育・研修部門で最優秀賞受賞。著作に、「会社を変える組織開発」(PHP新書)など7冊。NNAにて「新時代を創る日本型グローバルリーダーシップ」、AsiaXにて「危うし!日系企業の常識・非常識」ビジネスコラムを連載中。シンガポール在住。

TOP