beyond

TOP > Adviser

Head of HR Development Div. / Trainer / Facilitator

ダウウェルス 祥子  SHOKO DAUWELS

工学修士(価値システム)、博士(知識科学) 大学時代は材料工学を専攻。材料という出発点から製品化に至るプロセスと、その中での人々の意思決定、多様なステークホルダー、組織、環境をも包含するシステム全体へと興味が広がり、大学院では意思決定システム科学を専攻する。さらに専門性を深めるため、大学院時代に欧州留学し、当時日本では学術的にまだ萌芽期にあった技術経営を専攻、国内外での研究プロジェクトに飛び回る日々を送る。JETROチューリッヒや三菱総合研究所との共同プロジェクトを通じて、国際社会での日本人としてのアイデンティティが生まれる。 その中のプロジェクトのひとつが博士課程へのきっかけとなり、技術経営から知識経営、人材育成、組織開発へと専門性が広がる。これまで一貫して「マネジメント教育とその企業内実践」の支援をライフワークとし、日本・スイス・アメリカ・シンガポールの大学・研究機関(東工大、北陸先端科学技術大学、早稲田大、スイス連邦工科大学(チューリッヒ校)、MIT、NTUなど)にて約20年間研究・教育に従事してきた。 現在、人材育成・組織改革のトレーニングおよびコンサルテーションを通じて、ASEAN地域に進出している日系企業のグローバル化・ローカル化を支援するプロジェクトに携わる。在星10年。ベルギー人の夫とシンガポールで生まれ育った二児とともに、家庭でも異文化コミュニケーションを実践する日々を送っている。