beyond

TOP > ACHIEVEMENT > 【シンガポール】大手日系金融企業|”共感”と”納得感”のある人事制度改革~形骸化した人事制度から脱却し、ローカル社員が夢を描きやすいシステムに変換~
(人事制度・研修)

【シンガポール】大手日系金融企業|”共感”と”納得感”のある人事制度改革~形骸化した人事制度から脱却し、ローカル社員が夢を描きやすいシステムに変換~
(人事制度・研修)

 

ローカル社員のやる気を阻害する 不透明な人事制度にメスを

これまで弊社では、タイトルとジョブグレードの整合性がまったくとれていない状態が続いていました。何年後に自分がどのポジションに就けるかという指標も明確にないため、特に若い社員にとっては夢を描きにくい会社だったと思います。昇給についても、スキルや目標達成率などに関係なく、年次一律4%UPと決まっていたため「頑張っても頑張らなくても変わらない」というなかば諦めのような空気が蔓延していました。このままでは、優秀なローカル社員たちは、やる気があればある人ほど辞めていってしまうのではないかと懸念していたところ、ご縁があってbeyond globalに人事制度の改革を依頼することになりました。当初「そんなところにコストをかけるなんて」という反発の声もありましたが、beyond global のセミナーや書籍から、この方向で間違いないだろうと納得していたので迷いはありませんでした。 beyond globalは、他の大手コンサルタントのように 自社のメソッドを一方的に押し付けてくることは決 してなく、今の我々(特に本社との関係性)を深く理 解し、それをカスタマイズする形で改善策を提案してくれるので、とても安心感がありました。

まずは社員全員と面談を行い 現状の問題点を洗い出し

プロジェクトを始めるにあたりbeyond globalがまず行ったことは、社員全員一人ひとりとの面談でした。 現状をくまなく把握するという目的はもちろんあったと思いますが、それ以上にこのプロセスはローカル社員との信頼関係構築にも大きく寄与したのではないかと感じました。「新しい人事制度を作る」という情報だけが独り歩きしてしまうと、現場の社員は解雇や減給など、何か自分に不利益なことが起こるのではないかと疑心暗鬼になるものですが、この面談を通して社員たちの不安も取り除かれていったはずです。さらに「社員の声をしっかりと取り入れてくれるのだ」という安心感は絶大だったでしょう。面談を進めるにつれ、少しずつ社員からの理解が得られていく実感があり、彼らが納得感を持って新しい制度を受け入れてくれるだろうと確信するようになりました。その後の評価者研修でも、「現状の課題は何か?」をまずはみんなでディスカッションするフローがあり、正直そこまでのことを今回のプロジェクトに期待していたわけではなかったため、とても驚くとともに、大変嬉しく思いました。こういった研修を社内で行うと大変な労力がかかってしまうので、とてもありがたかったです。

 

この資料を請求する

ACHIVEMENTへ戻る

TOP