beyond

TOP > ACHIEVEMENT > 2018年5月23日セミナーレポート「新任駐在員スタートダッシュ研修」

2018年5月23日セミナーレポート「新任駐在員スタートダッシュ研修」

 

2018年5月23日(水)に弊社主催のセミナー「新任駐在員スタートダッシュ研修」が開催されました。今回は、弊社代表森田がシンガポールに新しく着任された駐在員の方々のために、本には書かれていない“シンガポールビジネスのリアル”を交えた研修を行わせて頂きました。また、参加者の方々1人1人の疑問に丁寧にお答えするべく、今回は少人数制とさせて頂き、非常に活気の溢れる研修となりました。ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 

 

研修に初めに参加者の方々に、現在抱えている疑問や課題を共有して頂くと
「現地社員をどうしたら効果的にマネジメントできるのか」
「ローカルメンバーの価値観や考えていることが理解できない」
などといった意見が多くあがりました。これらの問題を解決していく一歩目として重要なのは現地社員の価値観を多面的な視点から把握していくことです。今回の研修ではシンガポールの建国から発展までの経緯をみていきながら、シンガポール人の価値観と紐付けていき、ご参加頂いた方の“腹落ち感”を大切に進めさせて頂きました。

 

 

また、研修の中ではローカル社員の価値観を踏まえた上で、様々な具体例や有効なフレームワークを用いながら「シンガポール人のマネジメントのコツ」をご紹介させてもらいました。参加者からは「ローカルのメンタリティを理解し、具体的なソリューションを提案してもらうことで、自社内の課題を明確に認識することが出来た」とのお声も頂き、実りの多い時間をお過ごし頂けたのではないでしょうか。

 

 

日系企業の組織・人事コンサルティング、人材育成のご支援をさせて頂いている中で、
1. いい人が採用できない
2. いい人が育たない
3. いい人が育ったら辞めてしまう
といったような「負のスパイラル」が起きてしまっている現地の企業様をよく見かけます。
このような状態を防ぐためには、現地の労働市場や働くことへの価値観を理解するだけでなく、人事・評価制度のローカライズや社員との双方的なコミュニケーションが不可欠です。本研修では、「どうローカル社員を理解し、どう問題解決をするか」という点を体系的にお伝えさせてもらいました。今後も弊社主催のセミナーやワークショップ、ご提供しておりますサービスで一貫したメッセージを発信し、皆様の組織のグローバル化に貢献していく所存です。どうぞ今後ともよろしくお願いします。

ACHIVEMENTへ戻る

TOP