beyond

TOP > ACHIEVEMENT > 【日本】株式会社ロッテ| 「グローバル」をもっと身近に感じてもらう、手挙げ式グローバル入門プログラム
(研修)

【日本】株式会社ロッテ| 「グローバル」をもっと身近に感じてもらう、手挙げ式グローバル入門プログラム
(研修)

全社課題として掲げられたグローバル推進。企業課題に寄り添った完全オーダーメイドのプログラムにより会社の「グローバル強化」を加速させる。

弊社では、約10年前からグローバル研修を継続して行っていましたが、対象者はごく限られたメンバーで、全社の中でも、グローバルに関わる部署は、少し距離のある立ち位置でした。ただ、昨今どの会社もグローバル強化は会社の根幹を担うものです。そこで、社内全体にグローバル意識を浸透させ、もっと多くの人にとって「グローバル」が身近な事業になってほしいと考え、今回のプログラムを実施しました。
beyond global の大きな特色は、企業の課題に寄り添ってオーダーメイドのプログラムを作っていただけることです。今回の研修で手挙げ式で集まった受講生は、海外就労を希望する社員や、「グローバルについて全然わからない」という社員など、バックグラウンドはさまざまでした。ここまで多様な研修であっても、一方的なレクチャー形式ではなく、受講者が主体的に参加できる仕組みになっており、受講者の状況に応じてカリキュラムの内容も変えていただけるなど、全体を通してとても流動性がありました。

レクチャー形式ではなく、コーチング形式で、受講者が理解を深め、自らと向き合う1on1で見られた変化。

プログラム中に組み込まれた1on1コーチングがとても効果が高かったように思います。社外のコーチの方と本音で話せる場はありがたく、この1on1を踏まえて、自身のキャリアの発表をしてもらったのですが、受講生からは私たちが思いもよらないようなビジョンを述べてくれていて、まさにコーチングの賜物だと感じました。
工場勤務の受講者は、これまで工場のコミュニティ内だけで完結していた業務をしていたのですが、研修を受けたあとはどんどん前に出て行って、外国人社員にも自ら話しかけるなど、マインドだけでなく行動にも目に見える変化があったと聞いています。
今回のプロジェクトの大命題は「グローバルを身近な事業にする」です。私たち自身もこれまでグローバルという分野に対してどこか身構えてしまっていることに気付きました。しかし、今回のプロジェクトを通じて、全社としてグローバル本部のメンバーにも伝わり、会社としてひとつ大きなブレイクスルーを達成できたように思います。
今後も、グローバルは会社の要ですので、継続して社員全体への意識の浸透を進めていきたいと考えています。

この資料を請求する

ACHIVEMENTへ戻る

TOP