Report

Top > Report

セミナーレポート「組織の”健康診断”を経営に活かし、 組織実行力を向上させる方法」

2014年7月4日(水) 弊社主催のセミナー「組織の”健康診断”を経営に活かし、 組織実行力を向上させる方法」を実施いたしました。当日はあいにくシンガポール特有の不安定な天候に見舞われましたが、多くの方にご来場いただきました。参加者の皆様、誠にありがとうございました。

第一部では代表森田より「組織のパフォーマンスを最大化する組織の作り方」をお話しさせて頂きました。自ら考え周りを巻き込んで動いていくメンバーから構成される「自律型組織」をキーワードに、ナショナルスタッフがリーダーシップを発揮して自律的に動けるようにするにはどうすればいいか、主体性のレベルを上げ組織として進化するためのポイントについてご紹介いたしました。お陰様で大変ご好評を頂きました。

第二部ではThe Incubator Institute 齋藤代表より「組織診断ツールEngagement Surveyとその活用手法」 として、自律型組織を作るための重要なステップである組織の現状の診断方法についてご紹介いたしました。豊富なプロジェクト事例も盛り込みながら、組織の診断結果を元にどのように改善サイクルを回していくべきかをお話し頂きました。特にシンガポール人の会社に対する意識調査(*)のリアルなデータをご紹介した際には、会場の皆様からも驚きの声が上がりました。

* 参考:"S'pore workers among world's least engaged: Gallup poll(外部サイト)"
要約:GALLUPの調査によると、シンガポール人従業員の 91% は「会社にエンゲージしていない」か「会社に積極的に関与する気がない」ことが分かった。

ナショナルスタッフの仕事への考え方、会社へのスタンスは日本人のそれらとは大きく異なり、組織運営も日本のやり方そのままでは通じないことがままあります。しかし、マネジメントの方法を見直し、ナショナルスタッフのポテンシャルを存分に発揮できる組織作りを実現できれば、彼らの持つ多様性はそれぞれの会社様のかけがえのない財産となり、ビジネスを大きくドライブさせていくと考えています。
セミナー内容や組織の診断方法について、ご関心がございましたら下記よりお気軽にお問い合わせください。

>>セミナー内容についてのお問い合わせはこちらより

>>beyond global Pte. Ltd. 会社資料請求はこちらより

 

Books

弊社代表森田執筆の書籍

誰も教えてくれない 一流になれるリーダー術

こんなに働いているのに、なぜ会社は良くならないのか?~人と組織がパワフルに生まれ変わる方法

「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社 若手流出時代の処方箋

仕事も人生も思いのままになる「自律力」を磨け!