About us

会社概要

シンガポール拠点

商号
beyond global Pte. Ltd.
所在地
8 Cross Street, #28-01 PWC Building, Singapore
設立日
2013年9月
Managing Director
森田英一
eメール
info@beyond-g.com
tel
+65-6850-7862

日本拠点

商号
beyond global Japan株式会社
所在地
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-21 3F
設立日
2012年9月
代表取締役社長
森田英一
eメール
info@beyond-g.com
tel
03-4540-7576

タイ拠点

商号
beyond global (Thailand) Co., Ltd.
所在地
2 Jasmine Building, 22nd Floor, Soi Sukhumvit 23 (Prasarnmitr) Sukhumvit Road, North Klongtoey, Wattana, Bangkok 10110, Thailand
設立日
2016年3月
Managing Director
森田英一 増田賢一朗
eメール
info_thai@beyond-g.com
tel
+66-2612-7353

代表紹介

beyond global Group
President & CEO

森田英一 (Eiichi Morita)

大阪大学大学院 基礎工学研究科卒業。大学時代に、国際交流サークルを立ち上げる。大学院時代にアメリカとイギリスで海外でのインターンシップを経験。大学院卒業後、外資系経営コンサルティング会社アクセンチュアにて人・組織のコンサルティングに従事。2000年にシェイク社を創業し、代表取締役社長に就任。若手の主体性を引き出す研修や、部下のリーダーシップを引き出す管理職研修や組織開発のファシリテーションに定評がある。10年の社長を経て、現在は、ドアーズ社、beyond global社の社長として、グローバル人材育成事業、日本企業のグローバル化支援、組織開発、ナショナルスタッフの人財開発、東南アジアの社会起業家とソーシャルイノベーション事業等、各種プロジェクトを行っている。株式会社シェイク 創業社長・現フェロー、株式会社ジョブウェブ 社外取締役、国立大学法人高知大学 客員教授も務める。著作に「どうせ変わらないと多くの社員が諦めている会社を変える組織開発」(PHPビジネス新書)「一流になれるリーダー術」(明日香出版)「自律力を磨け」(マガジンハウス)「こんなに働いているのに、なぜ会社は良くならないのか?」(PHP出版)「3年目社員が辞める会社 辞めない会社」(東洋経済新報社)等がある。

 

主要メンバー紹介

beyond global Pte. Ltd.(シンガポール)
General Manager / Corporate Catalyst

サンディ齊藤 (Sandy Saito)

Master in Business Administration 経営学修士(MBA、卒論優秀評価取得)
Master in Eastern Philosophy 哲学修士 (現在博士号候補)
  上海外国語大学・北京大学への留学含み、関西大学卒業後、日本で最も老舗の大学予備学校にコンサルタントとして入職。1994年新しく海外進出したシンガポール拠点への初女性講師として着任。 以降、アジア在住。出向期間終了とともに富士通アジアにて全駐在員の人事総務責任者、その後シリコンバレーを拠点とするITベンチャー企業及びその傘下グループ会社数社の立ち上げに携わりそのうち3社の管理部部長職を同時に拝命。現在、アジアに進出している日本企業の日系企業らしいグローバル化・ローカル化を促進することをミッションに在アジア日本人駐在員向け、ローカル社員向けにリーダーシップ研修を核としたマネジメント研修を幅広く実施、その他企業戦略やMVVに即したグローバル化・ローカル化推進のための長期プロジェクトにも関わる。 

 

beyond global (Thailand) Co., Ltd. (タイ)
Managing Director

増田 賢一朗
(Kenichiro Masuda)

大学卒業後、株式会社リクルートに入社。入社1年目で最短でMVPを取得し、3年目にチームリーダーに昇格後、ITによる販売促進支援の新規事業に携わる。その後、上海拠点の立ち上げにも参画。リクルート在籍中、MVP4回、社長賞5回、チーム賞4回受賞。2008年より、組織・人事コンサルティング、次世代リーダー育成を行う株式会社シェイクに転職。組織変革・人材育成に携わった会社は250社以上。人材育成パートナーとして尽力する傍ら、ファシリテーターや、受講者の行動特性を分析するアセッサーとして多数登壇。その後、人と組織のグローバル化に貢献すべくグループ会社であるbeyond global groupに参画し、beyond global (Thailand) Co., Ltd.をタイ バンコクに設立。タイを主軸にシンガポールと東京の3拠点で日系企業のグローバル化に尽力。次世代のアジアならではの強みを活かした組織変革・人材育成を追求している。

 

beyond global Japan株式会社
Chief Operating Officer

和久田 恵太郎
(Keitaro Wakuda)

大学卒業後、大手外資系メーカーでプロモーションや新規開拓営業を経験。シェアを拡大し販売モデルを構築。5年後、株式会社シェイクに入社し、コンサルティング部門の責任者として企業ごとの経営戦略からあるべき人材育成を描くコンサルティング営業を行う。特に研修設計から組織開発の企画と実行までを担う。得意分野は、ビジョン構築や組織変革デザイン。大手商社、老舗メーカー、金融系など実績手数。同時にファシリテーターとして若手向け研修の登壇や、部長から課長層へのコーチングと行動変容をサポートする。その後、beyond global グループに参画。日本の責任者として日系企業の真のグローバル化支援に奮闘中。主に組織開発、赴任前研修、グローバルマインドセット、修羅場経験のデザインなどプロデュースを行う。

 

beyond global Group
Marketing Officer & HRD Consultant

犬尾 陽子(Yoko Inuo)

大学卒業後、SEとしてIT業界で社会人生活をスタート。その後、ビジネスセミナー企画会社、大手イベント会社に勤務。それらの傍ら、休日の多くの時間をNPOの国際交流活動に費やす。後に、オーストラリアに渡り、ウエディング会社に勤務。2006年に内閣府 青年国際交流事業「東南アジア青年の船」の日本参加青年となったことから、若手の人材育成に関心が高まり、株式会社シェイクに転職。企業の人事課題解決のため、人材育成コンサルタント、ファシリテーター、マーケッターとして9年間従事。育児休暇後、ダイバーシティ時代の働き方の追究と、よりグローバルな人材育成に貢献すべく、beyond globalグループに移籍。育児休暇中に取得した資格は13種に及ぶ。

 

beyond global Pte. Ltd
Manager

高島 義通(Yoshimichi takashima)

東京大学卒業後、会計系コンサルティングファームおよび医療系人材ベンチャー企業を経て現職。コンサルティングファームにおいては、組織・人事コンサルティングチームに所属し、日系/外資系企業の人事制度設計、インセンティブ設計、役員報酬制度設計等の多くのプロジェクトに従事。beyond globalにおいては東南アジア現地企業の組織・人事コンサルティングに従事。従業員サーベイ等による組織・人事の課題分析、人事制度の設計と運用支援、人事業務設計など、現地企業のマネジメントチームへのサポートをニーズに応じ幅広く提供している。

 

Executive Advisor

beyond global Group
Executive Advisor

桐山 一憲
(Hatsunori Kiriyama)

元P&G米国本社プレジデント兼アジア最高責任者。1985年にP&G日本法人(現在のP&Gジャパン)に入社し、米国やカナダ、韓国、シンガポールなどの勤務を経て2007年に日本人として初めてP&Gジャパンの代表取締役社長に就任する。その後、2012年アジア出身者として初めてザ・プロクター&ギャンブルカンパニー社のプレジデント兼アジア最高責任者に就任し、グローバルで結果を出せる数少ないトップリーダートップして注目を浴びる。 P&G社以外ではヒューマン・キャピタル・リーダーシップ・インスティチュート(シンガポール)社外取締役、日本石鹸洗剤工業会副会長、米国・ASEANビジネスカウンシル社外取締役などに加え、国内外における人材育成及びダイバーシティ関連における要職も歴任する。 2016年、beyond globalグループのExecutive Advisorに就任し、30年以上にわたる日本・アジアそしてグローバルでの経営実績と経験をもとに経営アドバイス及び、グローバルで活躍出来るリーダー育成の為の指導・コーチング活動を開始する。

 

beyond global Group
Executive Advisor

クリフォード・H・クラーク
(Clifford H. Clarke)

1940(昭和15)年、アメリカ生まれ。デューク大学大学院を修了後、スタンフォード大学大学院に進み、博士課程満期退学した。その後、国際交流教育の仕事に携わり、1967(昭和42)年にはコーネル大学で「異文化コミュニケーション・ワークショップ」を、 1976(昭和51)年にはスタンフォード大学で“Stanford Institute for Intercultural Communication”を創始した。1980(昭和55)年にはクラーク・コンサルティング・グループを設立し、以後約20年間で日米の約300社のコンサルティングを手がけ、異文化コミュニケーションの側面から企業の課題解決に尽力。現在は、グローバル教育やグローバルビジネス分野での貢献を目指し、活動を行っている。

 

グループ会社

20代からのリーダーシップ開発 shake

Books

beyond globalグループ関連書籍

Winning Together at Japanese Companies 日本企業で共に成功する30のポイント(河谷隆司著、森田英一編集:beyond出版)

「どうせ変わらない」と多くの社員があきらめている会社を変える「組織開発」 (森田英一著:PHPビジネス新書)

誰も教えてくれない 一流になれるリーダー術(森田英一著:明日香出版)

こんなに働いているのに、なぜ会社は良くならないのか? ~人と組織がパワフルに生まれ変わる方法 (森田英一著:PHP研究所)

「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社 若手流出時代の処方箋(森田英一著:東洋経済新報社)

仕事も人生も思いのままになる「自律力」を磨け!(森田英一著:マガジンハウス)